開湯100周年記念事業

記念事業期間中に行われる予定の事業一覧です。

記念式典
先人の功績とお湯の恵みへの感謝、今後の100年の繁栄への願いを改めて地域で共有するため、ぬかびら源泉郷が満100歳を迎える日の開湯祭(2019年4月10日)において、記念式典を行います。
島隆美功労碑の移設
糠平温泉開湯に尽力された島翁を称える碑を中央公園に移設し、同公園に設置される開湯にまつわる物語の案内板を介して、地域住民や観光客が功労碑の意味と温泉街の歴史への理解を深めるための資源として活用します。
ぬかびら源泉郷史誌作成
ぬかびら源泉郷の100年の出来事をまとめ、歴史を振り返り後世に継承するための史誌を刊行します。さらに電子データ化することでゆかりのある多くの皆様にぬかびら源泉郷を知る機会を提供します。
広報宣伝
各種広報宣伝を実施し、100周年事業をPRをしながら今後の温泉街活性化へ最大限に結びつけます。

・エンブレム作成
・ポスター、チラシ作成
・CM動画作成
・記念Tシャツ作成
・街路灯フラッグ作成
100年すごろく作成
ぬかびらの100年をテーマにしたすごろくを作成し、ゲーム感覚で楽しみながらぬかびら源泉郷の歴史や魅力を知ってもらう為のツールとして活用します。また、温泉街の各宿で観光客が滞在中に遊べる様に設置し、ぬかびらで過ごす時間の選択肢の幅を広げる一助に役立てます。
魅力発見マラソン
期間終了までの間、自然、歴史、温泉、産業など、ぬかびら源泉郷にまつわる事柄を学ぶ機会を多く作り、未来の温泉街づくりの原動力へ繋げます。また、ジャンルによっては観光客も参加できる開けた勉強会や講習会にすることで、知的観光資源としても活用できるイベントとしても機能します。
各施設共通ノベルティ
本事業の実施期間中、温泉街の各施設共通で100周年オリジナルのグッズを利用していただいたお客様に提供します。
記念植樹
これまで数十年間、森の中の温泉街を目指し植樹をし続けてきたぬかびら源泉郷。本事業の記念式典に併せて植樹を行い、この先100年への温泉街の想いを地域で共有します。
間伐、環境整備
原生林から今日に至るまでの地域の繁栄と衰退を見直し、これからの100年に見合った温泉街づくりを行います。
プレミアム観光券
本事業の実施期間中、ぬかびら源泉郷旅館組合と連携して温泉街へ訪れる多くのお客様へ割引、還元する商品券を発行します。
日本源泉かけ流し温泉協会との連携
100周年期間中に行われる「日本源泉かけ流し温泉協会」とのイベントの連携を図ります。